ヴェーラ編第一部「歌姫は幻影と歌う」

―試し読み用ページでは、「プロローグ」の三話をお読みいただけます―

#00-プロローグ

#00-0: アウフタクト

03.世界の頂点に居座る男

 ミスティルテイン――。

 ともかくも、プロセスはまた一つ進んだ。

 自分の指先すら見えないような完全なる闇の中で、彼は呟いた。その途端、闇の中に彼の姿が照らし出される。彼は暗黒色のスーツを身に着けていたので、その手と顔だけが闇の中に浮かんでいるように見えた。外見的には十代後半、いっていても二十歳そこそこといったところだろう。闇の中に於いて一際輝いて見える銀髪と、鮮血のような真紅の瞳が、まるでこの世ならざる何かを連想させる。

 そこにぼんやりとした銀色の何かが現れる。人型のようにも見えたし、炎のようにも見えた。それを敢えて一言で言うならば、名状し難い・・・・・何かだ。

「全て――」

 その銀の姿が言う。その声には掴み所がまるでなく、高いとも低いとも言えないが、とにかく女声だった。

「全てはあなたの目論見もくろみ通り……」
「そう」

 彼は肯く。

歌姫計画セイレネスシーケンスが、ようやく動き出す」
「ふふふ、歌姫計画セイレネスシーケンス、ね」

 銀の姿が笑う。

「ずいぶん、待ったものね」
「そうだね。あとはどの程度、あの子たちが運命の道順を守ってくれるか、だね」
「ふふ、残酷な人……」
「僕にティルヴィングを手渡した張本人がそれを言うのかい?」

 彼は微笑を浮かべている。その左目・・が、強く輝いていた。それに直視された銀の姿が、ふわりと揺らめく。

「今度の所有者・・・は、私に何を見せてくれるのかしら。楽しみだわ」
「ふふ、僕は君との賭けに負けるつもりはないよ」
「あらあら……今まで一度とて、私との賭けに勝てた者はいないわよ」

 その切り返しに、青年は変わらず微笑を浮かべている。

「ティルヴィングにまつわるそのすべての記憶を消し去ってしまう君がそんなことを言ったところで、何の説得力もないよ。そうだね、それをして悪魔的と言うのだろうね」
「それもそうね。悪魔と呼ばれたことの方が多いわ」
「ともかく――」

 青年はツイと口角を上げた。

「僕はロキなんかになろうというわけじゃないんだ」
「知っているわ、ジョルジュ・ベルリオーズ。あなたの目論見は」
「ふふ――」

 銀の姿の言葉を冷たい笑い声で掻き消す青年。

「君は全てを知っていると思っているようだけれど、果たしてその思い込みは正しいのかな?」
「あなたは、そうね、ファウストのようなもの。私にとって未知であろうが既知であろうが、私にとっては関心のないこと。ただ聞きたいだけよ、あの言葉を」
「悪魔よ、そなたは美しい――かい?」

 青年――ベルリオーズは如何にも関心がなさそうに言う。銀の姿はこれ見よがしに揺らめいた。ベルリオーズは目を細めて、闇に浮かぶ銀の炎に囁いた。

盲目の・・・ファウストを後ろから墓穴に蹴り入れるくらい、君にはわけもないことだろう? でも残念ながら、僕は全てを見通す目を持っている。物理的にも、論理的にもね」
「ふふふ、そうと言うのなら、そうなんでしょうね」

 挑発的な声音で返す銀の揺らめき。ベルリオーズはそれを一笑に付す。

「事の真偽はともかくとして、僕はね、関心があるんだ」
「関心?」
「そう。関心さ。この複素数の世界に対して、僕は大いに関心があるのさ」

 ベルリオーズはそう言い、銀の炎は一度大きく揺れて、掻き消えた。

「さて」

 その気配が完全に消えたのを確認してから、ベルリオーズは一度目を伏せた。そしてぼそりと口にした。

「バルムンク発動アトラクト

 その呟きと同時に、闇の世界に光が生まれ、そして世界は完全に光に飲み込まれた。純白の世界の中に、黒ずくめのベルリオーズが一人、浮かんでいる。風もないのに、見事な銀髪が揺らいでいる。

 この純白の空間は、ベルリオーズが開発したシステム『ジークフリート』によって生成されている。世界のシステムは、その全てが今やジークフリートの支配下にあり、あらゆる被造物はジークフリートからの干渉を受けていると言っても過言ではない。それはつまり、この惑星の全てのシステムは、ベルリオーズの支配下にあるということを示している。

「ふぅん、さすがは世界樹だ」

 ベルリオーズは飛び交う数式を捕まえては目を細める。

 あの銀の悪魔によって与えられた『ティルヴィング』を継承エクステンドして生成された『ジークフリート』は、開発者であるベルリオーズをしても、その全容が掌握できているわけではない。だがしかし、それは間違いなく世界を変えたシステムである。それまでの「OS」という概念をまるで覆し、電子的システムの根本部分にパラダイムシフトを引き起こした。瞬く間に世界を覆いつくしたジークフリートは、それと同時に既存のシステムのほぼ全てを駆逐し、あるいは、食らい尽くした。

 人々は当初こそ危機感と警戒感を持ちはしたものの、完璧な安定性と堅牢性が次々と実証されていくにつれ、そしてまた導入の容易さに触発され、気が付けばほぼすべてのシステムが、ジークフリートの関与を受けることとなった。残されたのはごく少数のスタンドアローンタイプのシステムくらいだった。

 そんな驚くべきシステムを、このジョルジュ・ベルリオーズは西暦二〇七〇年、若干十六歳の若さで世に出した。ジークフリートが世界を覆いつくすのに要したのは僅かに三年に過ぎず、その間にベルリオーズは巨万の富を手にした。それから十年が経過した今、彼は個人でありながら国家レベルの力を有するようになっている。何より、ベルリオーズを頂点とした軍産企業複合体コングロマリット『ヴァラスキャルヴ』が及ぼす影響力は、世界のパワーバランスを一変させるだけの力を持っていた。

 世界規模のパワーシフトを起こす力を持つベルリオーズは、しかし、未だに表立った行動を起こしてはいなかったし、起こす気もなかった。ベルリオーズは表向きは、天才技術者であると同時に実業家であり、そしてまた慈善活動家であった。

「オーシュ」

 ベルリオーズがそう一言口にすると、その目の前に三つの球体のような多面体が現れた。白金色、灰色、そして黒。それぞれの球体はそんな色に輝いていた。

響応統合構造体オーシュ……誰がそう名付けたのやら」

 誰が名を付けたわけでもないのに、それはシステムとしてその名を持っていた。それは現実相とは違う世界――つまり、論理相――からエネルギーを引き出すことのできるシステムである。人々は従来、現実相と呼び得る「現実世界」の中でしか、エネルギーをやりくりできなかった。だが、ティルヴィングが与えられ、ジークフリートが生成され、そして、オーシュが構築され、その常識は打ち破られた。

「もうすぐだ。もうすぐ、君たちの世界が――刹那の世界が、始まる」

 ベルリオーズは左目を一際赤く輝かせながら、その球状の多面体たちに向かって囁きかけた。