スカイハイ・ロッカー

短編

 0200マルフタマルマル時――満天の星にせられる時間。さざめく夜空が緊張している。

 左手のコンソールで安全装置セーフティを解除した。もはや慣れたものだ。コンソールを間違いなく手順通りに叩くことができる。手順通りに。いつもどおりに。

 これで統合首都の軍事中央制御システムには、そのログが記載されただろう。そしてバイザーの内側に返ってくる「unlocked武器使用許可」の文字。全く意味のない一連のデータのやり取り。これは言わば儀式だ。

 目の前には夜目にも青い攻撃機が一機。いつもの偵察、か? 領空侵犯ギリギリで引き返す――はずだ。幾度となく私はそれを見てきた。忸怩じくじたる思いと共に。

 彼らは知っている。私たちが決して撃たないであろうことを。ミサイルはもちろん、機関砲弾の一つすら放たないのだと。だから、どんな警告にも動じないし、私たちがどんなに接近しても進路を変えることはない。

 馬鹿にしやがって――。

 最新鋭機、F102イクシオンが泣く。何のための自国開発なのかと。専守防衛は錦の御旗。決して撃ってはならない30㎜のHVAP高速徹甲弾。空対空ミサイルも、パイロンから離れることは決して許可されない。砲身はいつだってピカピカだ。

『隊長、こいつ、進路変えませんよ』

 共にスクランブルした二番機の声が焦っている。

『威嚇の一発くらい……』
「だめだ」

 撃てばそれだけで問題になる。

「映像を参謀部に回せ」
『……了解』

 面白くなさそうに二番機が言う。彼とは長い付き合いだ。スクランブルから帰還すると、彼はいつも国家の対応にぐちぐちと文句を垂れる。エースが聞いてあきれる、彼はいつもそう嘆く。

『参謀部より、アポビス1――』
「こちらアポビス1、感度良好」
『決して撃つな。警告を続け、進路を変えさせろ』
「お言葉ですがね」

 私は青い攻撃機との距離を縮めながら思わず反論する。二番機の魂が乗り移ったのかもしれない。

「我々にできることなんてありません。奴ら、こっちがトリガーを引くことなんてありえないって知ってるんですから」
『とにかく命令だ。かの国とは和平交渉中だからな』
「和平交渉って言いますけど、和平交渉中に対地ミサイルわんさと積んで領空侵犯コースってのが、まず責められるべきなんじゃないですか。和平を結ぼうって相手に対する態度としちゃ、あまりにも無礼じゃないかって思うんですがね」
『――ともかく、コースを変えさせろ』

 どいつもこいつも……。

 二番機のあいつも私と同じ気持ちだろう。何が最新鋭機だ。何がスクランブルだ。何が超エースパイロットだ。

 弾を撃ったこともないエース。戦ったことのない戦士。もはや抑止力とすら見てもらえない最新鋭戦闘機。国民からは税金の無駄と叩かれ、参謀部は無意味な命令を機械のように繰り返す。長すぎる和平交渉、収まらない挑発行為、何も知ろうとしない国民。見当違いのシュプレヒコール。

 うんざりする。

 何もかもにうんざりする。

 私は青い攻撃機と並ぶ。スピードだけならこっちが上だ。追いつくのに苦労はしない。敵の飛行士がこっちを見ている――気がした。

「警告する。進路を変えろ。ただちに進路を変えろ。間もなくヤーグベルテの領空である」

 応答はない。あと二分で領空に入る。ここまで接近されたことは、和平交渉が始まってから八年。未だかつてない。

 これはいつもと違う――グローブの内側の湿度が急上昇する。不快感に任せて、青い攻撃機を睨む。

「参謀部! 戦闘許可を。敵の対地ミサイルはとっくに沿岸部を射程に収めている」
『いつものことじゃないか。奴らは撃っては来ない』
「今回も撃たないなんて保証はない!」
『君は戦争を始めようというのかね?』

 参謀部のお偉方――名前はどうでもいい――がのんびりと言った。危機感なんて一つもない。本気になってる私たちを揶揄やゆしているかのような、そんな雰囲気だ。私は奥歯を噛み締める。そして吐き出した。

「戦争は、まだ終わっちゃいないんです!」

 私が叫んだその時、並走していたが高度を下げ始め、加速した。

「しまった! 追うぞ!」

 私と二番機は慌てて追いかける。

『隊長、領空に入ります!』

 二番機の声に、私はレーダーを見る。敵機を示す光点の周りでアラートが光っていた。

「戦闘準備!」
『ま、待て、アポビス1! 今は和平交渉の……』
「無意味な交渉と、命の危険にさらされる何千人何万人と、どっちが大事なんだ!」
『攻撃に関しては許可できない』

 それと同時に、バイザーの中に「Locked武器使用不許可」の文字が光った。もう機関砲すら撃てない。できることはなくなった。

『くそっ、こんなんじゃ……っ!』

 二番機が吐き捨てている。私も同じ気持ちだ。目の前の青い攻撃機は、不意に旋回した。私と二番機も慌ててその動きを追う。F102イクシオンの低空加速性が役に立つ。急制動もお手の物だ。

 だが結局、敵機は何もせずに――オーグメンタすら使用せずに悠々と――帰っていった。

 基地の滑走路が目に入るまで、私の右手の人差し指は、ずっと機関砲のトリガーの上に添えられていた。たとえそのボタンを押し込んだとしても、ログに「命令違反」が刻まれ、軍事法廷への招待状が届くだけだったのだが。

 その翌週、敵国――アーシュオンにて、F102イクシオンの性能が看破されたというニュースが飛び込んできた。こともあろうに彼らの報道の中では、ヤーグベルテの最新鋭戦闘機二機が、アーシュオンの領空を侵犯しかけたことになっていた。

 そして、私たちの国――ヤーグベルテは、「そのような事実はない」の一点張りだった。その空々しい主張には、私たちを守ろうとする気概の一つも感じられなかった。

 あの時、私たちは空を守れたのだろうか。

 あの緊張の数分間は、誰かのために、なったのだろうか。

 そんなことを思う、0025マルマルフタゴー時。再び緊急発進スクランブルがかかったのだった。

 濃紺の空は、嫌味なほどに晴れ渡っていた。こんな日は、大抵いつでもこうなのだ。

タイトルとURLをコピーしました