#05-03: 優しい毒

静心 :chapter 05 本文-静心
第五章ヘッダー

 私とアルマは進行方向に向いて座り、イザベラとレベッカは私たちに向かい合って座った。運転席にはタガート曹長、助手席にはジョンソン曹長がいた。二人は見るからに強そうな、大柄の男性下士官だった。車が発進するのと同時に、「あっ」と私は思い出す。

「ジョンソンさんとタガートさんって、伝説の警護官じゃないですか!」
「伝説とは大袈裟な!」

 助手席のジョンソンさんが振り返りながら右手を振る。レベッカが「伝説でしょう?」と口を挟んだ。

「二人は士官学校時代からずーっと私たちを守ってくれてるの。海ならともかく、陸上だと私たちは無力だから。ああ、そう、海上任務にもついてきてくれるのだけど」
「私も名目上は三年ってことだけどね」
「イズー……」
「この子たちは知ってるだろ。だいぶ前にマリアから伝えてもらってるじゃん」
「そ、そうだったわね」

 レベッカは座席の肘当てに手を置きつつ、大きく息を吐く。それを眺めやりながらイザベラがポンと手を打った。

「ああ、そうそう! わたしたちはね、きみたちのことは大抵何だって知っているよ。セルフィッシュ・スタンド回収事件の時にアルマが何をしていたかとか、ね」
「えっ……」

 絶句するアルマ。私も息を飲む。

「ああ、ちがうちがう。責めてるわけじゃないよ。あの本は実に良いものだからね。サムの力作だ」
「私たちの監修もこーっそり入ってたりね」

 そういうレベッカは幾分誇らしげだった。その時、ジョンソンさんが自分の携帯端末モバイルの画面を表示させて振り返る。

「そうだ、これ聞きたかったんですが」
「ああ、それか」

 イザベラが「ふぅ」と息を吐いた。レベッカが頷きつつ説明した。

「見ての通り。ジョンソンさんとタガートさんの警護対象が、私たちからこの子たちになるよってこと。それが不服な場合は、士官学校の教官になることっていう話」
「うーん」

 運転席と助手席の二人はしばらく唸っていたが、やがて笑い始めた。

「次に乗るふねも乗り心地が良ければなにより」
「戦艦よりはちっちゃいかなー」

 イザベラが言う。戦艦より小さい? ってことは戦艦じゃない?

「あとは、そうですね。お嬢さんたちは、提督方よりもまだずっとおとなしそうだ。もうおっさんな俺たちにはちょうどいいですね」
「ジョンソンさん、ちょっと待って。それどういう意味?」

 イザベラの子どもじみた抗議に、私は小さく吹き出してしまう。タガートさんが豪快に笑いながら言う。

「もうありとあらゆるお転婆てんばには免疫があるつもりですが、家に火をつけるのだけは本当に勘弁して欲しいですねぇ」
「え、ちょっとタガートさん。それブラックジョーク?」

 イザベラが速攻で切り返すが、タガートさんはハンドルから左手を上げる。

「私の左手は、ヴェーラっていう名前のかわいいかわいい歌姫セイレーンとともに旅立ってしまいましたからねぇ」

 そうだ。タガートさんは、ヴェーラを助けるために単身燃える家に突入した英雄だ。公式にはヴェーラは死んだことになっているから、結果としては誰にもたたえられなかったけれど。そして、その時の火傷が元で、左腕は義手になっているはずだ――見た目にそうとはわからないけど。

「というわけでさ、二人のことを本当によろしく頼むよ、ジョンソンさん、タガートさん」
「なんか今生こんじょうの別れみたいで嫌ですよ、その言い方」
「あは、ごめん、ジョンソンさん」

 イザベラは小さく笑う。ジョンソンさんが両手を打った。

「あ、でもそうだ。給与明細に、お二人の愚痴聞き料っていうのがあるのですが、それは担当変わってももらえるんですか?」
「愚痴聞き料!?」

 レベッカが真顔になる。いやいや、これはジョークだろうと、思わず心の声で突っ込む私。なるほど、イザベラのおもちゃになるわけだ。

「わたしはともかく、ベッキーの愚痴聞き料は高そうだね」
「ちょっ――」
「それが全然割に合わなくて」

 ジョンソンさんとタガートさんが笑っている。

「もう、嫌いです。ふたりとも!」

 レベッカは腕を組んで窓の方を向いてしまった。

 私とアルマは、どうしたら良いのかわからないこの空間に翻弄されている。しばらくして、アルマが躊躇ためらいがちに訊いた。

「あの、質問しても良いですか?」
「なんだい、アルマ」
「マリア・カワセ大佐のことなんですけど」
「ああ、それね」

 イザベラはレベッカと顔を見合わせ、頷き合う。

「マリアはね、歌姫計画セイレネス・シーケンスの事実上のだよ」
「お、親玉?」

 私たちの声がハモる。イザベラは「イエス」と短く肯定する。

「推測なんだけどね、わたしたちにとっても。彼女との付き合いももう十年くらいなんだけど、彼女は何でも知っている。そして、どこにもいない」
「どこにもいない?」
「そう。物理実体はあるけど、彼女はネットのどこにもいないのさ」
「それ、ハーディ中佐も……」

 口を挟む私。ハーディ中佐の名前を出した瞬間、イザベラの口元の表情が一瞬固くなったのを私は見逃さなかった。彼女にはハーディ中佐というキーワードは禁句だったようだ。

 ――我々が必死に戦っているのを、歌姫セイレーンたちが命をかけて戦っているのを、実験と称して眺めている者がいる。

 かつてそのハーディ中佐が言った言葉だ。その「眺めている者」にはカワセ大佐も入るのだと。

「それが、本当だとしたら――」

 私の言葉に首を振るイザベラ。

「わたしたちは、マリアを恨んだりはしない」
「私には、その、カワセ大佐によって全て仕組まれているって、そう解釈できるのですが」
「そうかもしれないよ、マリー」

 イザベラは肩を竦める。

「私たちをに、彼女は送り込まれてきた。それは事実だと思う。でもね、たとえ本当にそうであったとしても、わたしたちはマリアのためなら何だってするだろう」
「その結果、多くの犠牲が出るとしても?」

 私は多分、渋い顔をしたのだろう。イザベラは軽く顎に手をやってから、その栗色の髪の先端を弄んだ。

「あのね、マリー。この世界は善悪二元論で語れるほどに単純なものじゃないんだ。仮にわたしたちの全ての行為おこないがマリアの作った手順書に従ったものでしかなかったとしても、そんなことはわたしたちにとっては、本当にどうだっていいことなんだ。マリアが今までわたしたちにしてきてくれた献身には、嘘も偽りもない。背景だの思惑だの、そんなことは些末さまつな問題なんだ」

 イザベラの言葉。頷くレベッカ。イザベラはゆっくりと息を吸い、ゆっくりと付け加えた。

「わたしたちは、マリアのことを愛している……と言っても良いのだろう」

 私は思わず身を乗り出す。釈然としなかった。

「では、このままで……現状維持で構わないとおっしゃるのですか?」
「いや」

 それは違う、とイザベラは首を振る。

「マリアによってね、わたしたちは守られているんだ。彼女と、その背後にいる途轍もなく巨大な力によって、わたしたちは守られている。敵も味方もない、ありとあらゆる悪意の文脈コンテクストから守られているんだ。だよね、ベッキー」
「その通りね、イズー」

 私はアルマの横顔を見る。アルマの表情は暗く厳しい。私は無礼を承知で、意を決して言った。

「毒をもって毒を制する――ように聞こえました」
「ははは!」

 イザベラは乾いた声を立てて笑う。

「毒か。それなら、マリアは優しい毒さ」
「優しい毒……?」
「そうさ。忘れるなよ、ふたりとも。今はきみたちもまた、その甘くて柔らかい毒に守られている。でもそうだなぁ。きみたちはいずれ、その毒をも制するようになるかもしれないね」
D級歌姫ディーヴァにもできないのに、ですか?」
「ははっ!」

 イザベラはまた小さく笑う。

「わたしたちはね、きみたちにはんだよ」
「それは――」

 それきり、言葉が出てこなくなった。なぜなら私を見ていたイザベラの視線が――仮面サレット越しの視線が――あまりにも深い奈落だったからだ。

次のエピソード

コメント

タイトルとURLをコピーしました