歌姫は壮烈に舞う

歌姫は壮烈に舞う

02-2-1:安全地帯

   それから三ヶ月。五月も半ばに差し掛かろうという頃まで、アーシュオンは一切の軍事作戦行動を中止した。アーシュオンの兵士たちにしてみればそれは平和ボケするのに十分な期間でもあった。 「確かに、うちらの|超兵器《オーパーツ》が...
歌姫は壮烈に舞う

02-1-2:歌が繋ぐ世界

   その日の夜、ヴァルターはなかなか寝付けなかった。日中のクリスティアンとの会話が尾を引いたような感じだった。そして何か、気持ちが焦っていた。渇いていた、と言っても良いかもしれない。  ヴァルターは取り憑かれたかのように、軍...
歌姫は壮烈に舞う

02-1-1:アーシュオンのアビエイターたち

   遡ること二ヶ月半。ヤーグベルテ士官学校襲撃事件から二週間後、二〇八四年二月二十日のことである。  アーシュオン共和国連合の最前線基地、軍装港湾都市ジェスターは相変わらずの慌ただしさの中にあった。ヤーグベルテに最も近い基地...
歌姫は壮烈に舞う

01-1-4:あなたの心の声は――。

   デリバリーされた寿司の半分はヴェーラの胃の中に収まった。エディットはもともと酒さえあれば良い性分だったし、レベッカも少食に属する。カティは精神的にそれほど食べられる状態でもなく――というわけで、ヴェーラは二人前以上を平らげるこ...
歌姫は壮烈に舞う

01-1-3:過去の人はもうあなたの中でしか生きられないの。

   《あれだけやられて》――ヴェーラのその言葉を受けて、カティは息を飲む。アーシュオンの繰り出してきた超兵器たちによって、ヤーグベルテは何十万もの生命を喪失した。負傷者はその数倍になる。核兵器さえ炸裂させられたヤーグベルテの国防態...
歌姫は壮烈に舞う

01-1-2:こたえ探し

   ピザレストランにて、ヴェーラは九十分食べ放題コースを迷わず選択した。そして呆れる二人をよそにヴェーラは時間いっぱいピザを摂取し続けた。カティもレベッカも途中からヴェーラが注文するたびに、思わず笑うようになっていた。ピザに関して...
歌姫は壮烈に舞う

01-1-1:眩暈

   西暦二〇八四年五月――桜がそろそろ咲き揃う季節だ。高緯度帯にあるヤーグベルテの統合首都の春は遅い。  あの士官学校襲撃事件から三ヶ月。その凄惨さ、悲惨さは、たしかにメディアを賑わせた。しかし、それはほんの一時だった。それ...
歌姫は壮烈に舞う

00-0-1:晩夏のオリオン、その下で――。

 鮮烈に青い空は、たちまちのうちに熱量を上げる。無数の戦闘機が飛び回り、多弾頭ミサイルを撃ち放ち、爆炎に飲まれていく。何千何万という|HVAP《高速徹甲弾》がお互いの命を削り合っていく。  その|数多《あまた》の死神たちの手をかいく...
タイトルとURLをコピーしました