本文-ヴェーラ編1

本文-ヴェーラ編1

02-1-2:わたしの物語の主人公

↑previous  二〇八二年十月に、ヴェーラたちは揃って士官学校上級高等部へと進むこととなった。上級高等部は大学に相当しており、順当にいけば四年で卒業し、少尉として軍に配属されることとなっている。士官学校高等部から上級高等部へ進...
本文-ヴェーラ編1

02-1-1:ランチタイムトーク~確定的な未来について。

↑previous  あれからもう四ヶ月、か。  カティは無表情のまま、日替わり定食を口に運ぶ。美味しいとか美味しくないとかいう感想は特にない。素材が変わっただけでいつもの味付け、代わり映えのない食事――それこそカティのニーズ...
本文-ヴェーラ編1

01-2-7:観測者

↑previous  なるほどね――。  《《女》》と思しきものの声が、カティたちの背中を見送っている。誰にも観測されることのない、《《銀》》の揺らぎがそこにあった。 「|歌姫計画《セイレネス・シーケンス》とは、全く大袈...
本文-ヴェーラ編1

01-2-6:それは悪い涙じゃないから

↑previous  カティが覚えていたことはほんのわずかで、言葉にすることができたのは更にその何分の一かだった。しかし、ヴェーラもレベッカも鋭く影のある表情でカティを見つめていた。 「ヴァシリー……」  ヴェーラは唇を...
本文-ヴェーラ編1

01-2-5:殺戮の儀式

↑previous  その夜、カティはあまり眠れなかった。ようやく睡魔がやってきたのはほとんど日の出の頃――漁師たちが家を出る時分だった。 「あれ?」  なんか階下が騒がしい。カティは思わず肩を抱く。大きな震えが身体を貫...
本文-ヴェーラ編1

01-2-4:敵国人との交流

↑previous  カティたちの警戒心が氷解するのには、三日とかからなかった。カティに至っては、兄をさしおいて一人で様子を見に行くことさえあった。その頃には、ヴァシリーはカティにとっては「いい人」であり、敵国人であるということすら...
本文-ヴェーラ編1

01-2-3:十年前の記憶

↑previous  約十年前、二〇七一年の晴れた夏の日のことだ。  ヤーグベルテ南部にある小さな漁村、アイギス村の周囲には文字通り何もなかった。大きな道路もなく、公共交通機関も名目上存在するだけだった。村で購入した輸送ヘリが...
本文-ヴェーラ編1

01-2-2:見えてしまった過去

↑previous  行こうか――と、三人は連れ立って歩く。カティはヴェーラたちがどこに住んでいるのかを知らない。少なくともカティの住む寮ではないこと以外は。  カティの右手をそっと握りながら、ヴェーラがポツリと言った。 ...
本文-ヴェーラ編1

01-2-1:焦げ付いた記憶

↑previous  カティは講義室の前の方で講義のサマライズをしているヴェーラとレベッカに視線を送りつつ、|携帯端末《モバイル》で空軍配信の動画を眺めていた。今日更新されたばかりのものだったが、実際のところは五年前に作られた動画の...
本文-ヴェーラ編1

01-1-4:ベルヴェルク

↑previous  広大な執務室の奥、ぽつんと一つ置かれたデスクにて、青年――ジョルジュ・ベルリオーズは腕を組んで目を閉じていた。 「ふぅん」  そう呟いて目を開ける。左目が不規則に赤く明滅する。 「《《無事に》...
タイトルとURLをコピーしました